So-net無料ブログ作成

ひとりひとりの想いに寄り添うこと [介護]

スポンサードリンク




おはようございます。
 本日夜勤者の送りの中で、ご利用者から「お盆を自分の家で過ごしたい」と涙を流しながら話されているのを、手を握り傾聴し、ご家族へ連絡するとの報告がありました。今朝早く4時頃ご家族が来園され、一緒に過ごされたとのことです。ご利用者はその後、落ち着かれ休まれたとのことです。

 その際、私たちはどのような支援でご利用者の想いに寄り添えるのか。そしてどのようにご家族と関わりをもつのか一人一人が考える事が大切です。ご利用者が施設を生活の場とする限り、一時的ではなく長期にわたりご利用者・家族に支援をすることが私たちの使命であることを認識しなければなりません。今回のようなケースを報告のみとするのではなく、職員全員でご利用者の支援について考える機会とすることが大切です。



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。